法人のお客様

不動産カウンセラー

社員の暮らしを守れる福利厚生、しませんか?

「不動産の失敗が原因で転職を考えている、職を変えたい、仕事に集中できない。」
そんな実態をご存知ですか?

本来、福利厚生は社員に安心して仕事に打ち込んでもらうための環境整備。

例えば、投資用不動産の勧誘。
最近では、医師や公務員以外にも声が掛かる業種が広がっています。
見極め方が分からず購入し、被害に遭われる方が続出。転職や実家に戻るなども起きています。

空家問題や親御さんのこと、家の修繕工事の業者選びetc・・・

社員を暮らしの悩みやトラブルから未然に守るサービスです。

料金 万円(税別)~/月
相談は社員様から料金を頂戴しません。相談回数無制限。

社員様への優待
社員様向けオリジナルセミナーの開催無料

『お試しプライベートレッスン』の個別開催
 4,000円(税込)➡無料

『続く夫婦円満プログラム』の個別対応
75,000円(税込)➡半額(アンケートのご協力、受講後に一緒に撮影で無料

※利用料の一部を児童福祉施設や子ども食堂への食材提供ボランティ活動に使わせて頂きます。
お許しいただけます企業様には活動報告の際に協賛企業として掲載させて頂きます。
ブログ『法人サービスの売上10%を食材提供ボランティア活動に』

◆不動産会社に行く前のご相談に対応

事例:不動産会社に行く前にしておくこと、知っておくことは何?
購入がお得でしょ? ➡ 今は賃貸がお得と分かる。貯蓄の余裕も見えた。

事例:不動産会社選びのポイントは?
初回訪問時の事前確認事項の指南 ➡ 賃貸 無駄な契約金10万円を削減

事例:関西の空家となっているご実家の相談
売却による600万円の損を解説 ➡ 賃貸活用の提案と運営スキームの指南

事例:不動産投資セミナー 真偽の見極め方を知りたい
不動産会社からの提案資料の読み解き方 ➡ 収支がマイナスになると自分で分かった

◆不動産のトラブル相談にも対応
事例:間違った投資用新築ワンルームの購入の破棄
クーリングオフが効かない状況 → 違約金無しで白紙解除

事例:退去に伴う原状回復工事費用
約63万円請求 ➡ 約3万円

事例:長期空室 ローン返済は給与から支払いで苦しい
空室期間 9ヶ月 ➡ 賃料変えずで1ヶ月半で入居申し込み

サービスの背景
どこに相談すれば良いのか分からない不動産の悩みは、実にたくさんあります。
弁護士では解決できない問題もたくさんあります。
解決しても利益にならず不動産会社が取り合ってくれない問題もあるのです。

この現実から、絶対中立の立場を『お客様を公正に守る』意向のある企業様にお使い頂きたく、サービス展開させて頂いております。

タイトルとURLをコピーしました