不動産の家庭教師とは

お役立ちヒントブログ

閲覧くださり、ありがとうございます。不動産の家庭教師の嶌田(しまだ)です。

この記事に辿り着いたということは『売ることを目的としない不動産業界の人』
ここに関心を持ってくださったのでしょうか?

その他の理由もあるでしょうね。
いずれにしても、『不動産の家庭教師』って何?
そう思ってくださったことに感謝いたします。

日本に2つとして無いサービスです。比較ができません。

3分

サービス内容と、ひとりの人間への理解にお時間を割いていただけたら嬉しいです。

お手隙の際でも構いません。
読んでいれば、対面した時に質疑応答を含め、密な時間になっています。
適した違うサービスをオススメすることも出来ています。

あなたの時間を大切にしてください。

サービス概要

どの領域でも提供しているのは、次の要素

『知識』はもちろん、不動産やお金のこと。
知識も考え方も、ただ知って当てはめても効果はありません。
大事にしていることがあります。

心に触れる『知識×思考×伝達』であること。

ご自身との向き合いがあるから、家族の話し合いでプロレベルの、家族にとってベストな答えが見付けられるようになっているサービスです。

まずは不動産やお金のことも含め基礎知識を知って、プロとお引き合わせ。すると、意思の疎通が濃密になり、結果、内容もコスト効率も良くなっています。

伝達(コミュニケーション)には前段階があることも知ってみると、日々の気付きが増えてきます。とても愉しく暮らしていけます。
たった時間で伝達のコツは掴めますよ。

私のサービス特徴はお客様が『自律』できること。
一度理解するだけで、自分たちで考えて答えが出せるようになります。


人生で最も損を防ぐコツは『きちんとオーダーが出来るようになること』
オーダーとは、想いを明らかにすること

理解してもらえるコツ、ご存知ですか?

営業マンて、よくしゃべる人のイメージが強いですね。
あまり話さないのに常に高い成績を上げてくる人もいます。
人それぞれに適した言葉数があるってことです。

あなたの想いや考えが、相手の受け取りやすい形で伝えられるようになると、とても生きやすくなります。当然にストレスも減ります。ケンカもしなくなります。

私と妻は、正反対な価値観をたくさん持っている組み合わせの夫婦。
それでも、出会って20年近く経ちますがケンカに発展したことがありません。

成約しました1500組以上のお客様が教えてくださったことの実践です。

オーダーといえば『頼み方』次第で大きく変わるのが不動産業界や建設業界。
例えば、こんなケースでコストカットに貢献もしています。

よくある工事の多重構造

お問い合わせはこちら♪

 

子どもを守れる『夫婦の背中づくり』

利用効果は?と聞かれれば、なによりも夫婦円満が続くことですね。
ケンカが無くなり、建設的な話し合いができるようになります。

子どもは、親の背中を本当に良く見ています。
宜しくない親の背中を見せ続けられた子どもと、どれだけ接したことがありますか?
結婚したら、想像力は本当に大切にしてください。

子どもが居ようといまいと『人に見られている背中』が大事です。

だからこそ、住空間が固定される前にご夫婦ごとの意味と価値に気付ける工程を私は設けているんです。
イライラが続く住空間が固定される想像、したことはありますか?

住まいを適切にサポートする為にも、夫婦カウンセリングもしています。
多くの方から「不動産と夫婦カウンセリング?なんで結び付くの?」
そう言われます。

少しでもストレスが無い状態で選んだ家が、暮らしや人生を豊かにしてくれます。

どのお客様夫婦からも喜びの声を頂きます。
ケンカが無くなった。」
「前よりも話し合えるようになった。」

仕事でも良い影響が出るようです。
「営業成績が上がった。」
「職場の人との関係性が良くなった。」

家族ごとの法則は、分野を問わず使ってみると円滑にいくことばかりです。
上手くいくには『思考×伝達』が必要不可欠なことなんです。

 

損を防ぐ12の要素?

思考と伝達のコツが掴めたら次に、不動産やお金の知識を提供しています。
知識は『プロと対話でき、理解できる程度』で十分です。

不動産は、物件を決めるまではタダ。
担当者を替えることもタダ。
会社を替えることもタダで出来ます。

仕組みやシステムは、いかに上手に使えるかです。

仕組みを上手に使えるだけで最低でも600万円。
基本的には軽く1,000万円以上の損失を防げます。

不動産会社勤務だけでは知り得ないお金のこと。
ファイナンシャルプランナーでは知り得ない不動産の現実と暮らしの現実があります。

お客様ごとの想いや展望・現在の状況に、現実的な暮らしを踏まえた住まいと金融を掛け合わせたセッションをしています。

こうしたコツをまとめたものが『損を防ぐ12の要素』です

お問い合わせはこちら♪

さて、次からは家庭教師スタイルにする理由などを解説していきますね。

 

スクール形式だと質問しづらくないですか?

ご安心ください。完全個別対応です。
たくさんの方が参加している前で質問するって気が引けませんか?

私は様々な業界で特別講師として登壇させて頂いています。
講義が終わった後に、質問されるのが普通です。

基礎知識に自信がないなら尚更、人前で質問はしづらいですよね。
こういった経緯もあり、一般の方が不動産知識や情報を学ぶには個別対応が効果的だと考えています。

不動産知識の伝達風景は、この写真の通りです。

進学塾でも同じですが、複数人で受講するスクール形式に向いている方質問できるアグレッシブさや自己研鑽、自己解決タイプの方だと思います。

「質問することそのものが恥ずかしい…注目されたくない…」「何が分からないのか分からない…」などなど、質問しづらい理由はさまざま。
相談しているうちに答えが見えてくる方もたくさんいらっしゃいます。
個別指導のほうが理解が早く成長の実感も伴うんです。

自宅購入に重要なもの。それは、家庭ごとの背景や価値観の違いです。
それが質問の前提条件になるから質問しにくいんです。

前提条件が何よりも大事です!


前提条件次第で、Aさんへの返答とBさんへの返答が反対になるなんて当たり前です。
前提条件が無い状態で「これが答え!」
これほどリスクの高いものはないんですよ。

お問い合わせはこちら♪


一般人もプロ目線に引き上がる

不動産て、とても複雑そうな業界ですよね。
さぞ頭の良い人が担当に付かないと損をしそうな気になることもあるでしょう。

複雑と思うのは間違った思い込みです。
結論は、誰にでも分かる簡単な業界です

そりゃあ、そうですよ。一般人を守る為のルールなんですから。

間違った思い込み、刷り込みと言えば・・・賃貸より購入が得をするというのは世間の大嘘ですからね。よっぽどお金のことを知らない人が使う言葉です。

賃貸で過ごしても損をしない未来計画は可能です。
一生賃貸暮らしでも買うより損をしない住み方やお金の使い方のサポートもしています。

ファイナンシャルプランナーが言っているから正しい、これもアウトです。

世間の間違った言い切りではなく、あなたの状況と価値観と知識の掛け合わせが誰にでも出来るようになるから、プロ目線になるための応用知識の手に入れ方が身に付きます。

どんな情報を得たとしても忘れないでください。
あなたのプロは、あなたしかいないという真実を。
そこを大事にしてください。
誰にでも出来るけど、プロは他人だから出来ないことがあるんです。

知って、考える
ことが大事だと思います。

お問い合わせはこちら♪


永年契約、相談は無料、回数無制限

弊社はレッスン料だけを頂くビジネスモデルです。
追加料金は発生しません。実費交通費の負担だけをお願いしています。

自宅購入の準備は、ちょっとしたことでも専門家に直接質問してください。
でも、タイムチャージにすると、結局いくら掛かるか不透明じゃないですか?

お金を掛ける質問かどうかを、私だったら頭の中で天秤に掛けてしまいます。
『専門家とたくさん話す』『自分だったら』の両方を考えてみた結果が今です。

質問はメールでも良いですが、相談は対面をオススメしています。
表情と声色、仕草から無意識がキャッチできる情報量は膨大です。
その情報を大切にさせて頂いています。

人生の岐路にもなる自宅の購入は、受験のように準備、助走期間は必要です。
けれど、受験じゃありません。

誰か他人の決めた正解に向かっていくものではありませんから。

あくまで、納得という正解は、皆さんの家族ごとにあるもの。
料金を頂くスクール側は、1講座で複数人を相手に出来ると効率的で、高い売り上げもあげられるでしょう。でも、納得のいくレベルにまでご理解頂くとなると話しは別だと考えています。

自宅購入には、プライベートや価値観が最重要項目ですよね。

プライベートや価値観を重んじる。
そのうえで、業界の実態や行政の考え方やルール、街づくりなどの地域性との調和。
気持ちの損もお金の損も防ぐ。

これが不動産のプロだと定義しています。
家庭教師スタイルが最適と考えています。

お問い合わせはこちら♪

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
心からの感謝を、改めて申し上げます。

——————————————–

知る努力と、自分で立ち向かう覚悟を。
あなたが、家族を守れる人になれますように。

お問い合わせはこちら♪

エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。
各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

600万円以上のコストカット夫婦円満が続く購入準備
嶌田 竜也(しまだ たつや)

Twitter:嶌田竜也@不動産の家庭教師

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました