子ども食堂へ食材をお届けに行って参りました。5月の活動のご報告です。

ブログ

住まいに携わることは子ども達に残す仕事。不動産の家庭教師の嶌田(しまだ)です。
シングルマザーシェアハウス兼子ども食堂『MANA HOUSE』へ行って参りました。

【本の寄贈】
今日は、いつも通りに調味料や野菜の発注を受けるだけではありません。
子ども食堂に、本を寄贈させていただきました。

弊社が正会員として加入させて頂いていますNPO法人があります。
『ポジティブ・フロム・ジャパン』 https://npo-pfj.jp/

小学校や中学校にて、道徳の時間や人権の学びに特別授業として講演させて頂いている『命の授業』。その講演費は、こちらの活動指針のひとつにある本の寄贈活動に使われています。

寄贈している本は、どのページを開いても、数秒で心が軽くなったり前向きになれる『どうぞ!』

この本を子ども食堂に寄贈したく、運営者さんの山中真奈さんに目を通していただいたところ、ご賛同に至りました。
さらに、山中さんが繋がりのある子ども食堂や子ども達が集まる施設などに、寄贈の提案のお声がけをしてくださるとのことにもなりました。
 
※補足:こちらの子ども食堂では、本やおもちゃなどを無闇に受け取るわけではありませんこと、誤解なきようお願いいたします。
活動と本の内容にご理解を示していただき、寄贈のご承諾となった次第です。

実は今日の午前、こんなことがありました。

NPO法人の理事長 大深譲さんと打ち合わせのお約束。
寄贈先に、毎月お世話になっている子ども食堂を挙げさせていただいていたので。

打ち合わせの冒頭、まったく予定になかった会話を振られました。
「嶌田さんがしてる子ども食堂への支援、500円を現金で払ってもイイ?」と。
もちろん!の一言。

…差し出されたのは諭吉さん!!
私「へ!?( ꒪꒫꒪ )」

あっけに取られてしまい頭が追いつきませんでした。
大深理事長の個人的なご支援、お預かりいたしました。
大切に使わせていただき、しっかりと届けて参ります。

———————————-

毎月、ご支援いただいております。
▼ボランティア協賛企業▼
関わる人を豊かな人生にする!
Peach株式会社
ホームページ: https://extrapeach.jp/

このボランティア活動は、法人向け福利厚生サービス『不動産カウンセリング』の売上10%を基本財源とさせていただいております。

▼不動産カウンセリング サービス詳細▼
https://xn--u9j940g6id23k45cjwak67a1x4a.com/%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98/

サービス利用先企業様が1社増えます度に、支援先を一ヶ所、増やしていく所存です。
福利厚生をお考えの人事部や経営者の方にお知り合いの方がいらっしゃいましたら、私にご紹介くださいませ。

これからも認知と、活動の視える化により信用を得られるよう努めます。
どうぞこれからも、温かく支援活動を見守りくださいませ。

———————————-

住まいに携わることは子ども達に残す仕事。
不動産のちからで生き方そのものを伝えたい。

不動産の家庭教師 嶌田 竜也
宅地建物取引士/相続士/住宅ローンアドバイザー
STRコミュニケーションアナリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました