子ども食堂へ食材提供に行って参りました。4月の支援活動報告です。

ブログ

住まいに携わることは子ども達に残す仕事。不動産の家庭教師の嶌田(しまだ)です。
シングルマザーシェアハウス兼子ども食堂『MANA HOUSE』へ食材を届けに行って参りました。

10キロのお米をお届けに行くとともに、他の食材リクエストをその場で発注してきました。

玄関に入るなり、みんながお出迎えしてくれました♬
なんと!名前を覚えてもらえていました。お米のおじさん→しまださんに昇格(笑)
みんなが名前を呼んで話しかけてくれました!

いつもは平日にお届けしているので子ども達とはなかなか逢えないんですが、今日は一緒に室内遊び。
…リビングに入るなり、男の子たちが裸になって歓迎の意(?)を。

肩車って、普段届かないところに行きたがりますよね(^^)
いやぁ、汗かきました。
肩車のあとは、お部屋でドッヂボールならぬドッヂクッション。
郷に入りては…誘われるがまま(笑)

30分ほど子ども達と遊んで、運営者さんと子ども食堂の2階のシングルマザーシェアハウスにお住まいのママさん達を交えて調味料や食材の発注打ち合わせ。
お母さん達から「どれもとても美味しいですよ!とくに、これ。とくに、これ。」と、調味料も大好評のようで喜びも聞けました。皆さんの支援があってこそ聞けるたくさんの言葉です。
ありがとうございます!

今回は、G.Wになってもお出掛けが制限されて子ども達もママさん達も大変。リクエストもありまして半年ぶりにお肉の発注をさせていただきました。

『(株)北島藤原精肉店』さんのお肉屋お勧めのお任せ焼肉セット
※ここのサイトでのお得な1㎏特別セット
https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?t=3&Ino=000010666200&itemCd=02430122841261
こちらのお肉は先々週、この活動を知る方のご自宅でご馳走になり、とても美味しかったんです!
早速、その情報とご縁を使わせていただきました。
皆さまも、是非!

シングルマザーシェアハウスに最近入居したお母さんとも顔を合わせる機会ともなり、お話しもできました。その中で・・・「いつから、なんで?どうして、この子ども食堂なの?どちらからの申し出で始まったの?」
当然の質問ですね。
これらを直接伝えられることは有り難いことです。運営者さんの想いを第三者からも伝えるのは意義あることだと思っていますから。私自身の想いや体験も共有させていただきました。

今回の支援訪問は、子ども達ともお母さん達とも交流を持てた充実板時間になりました。
最後は、子ども達がお見送りまでしてくれました(*´∇`*)

 

▼子ども食堂への支援金▼
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=20220352176003
※毎月の自動継続支援をご希望の場合、『定期購入で注文する』にチェックを入れてください。

▼活動の基本財源▼
福利厚生サービス。この売上の10%です。
https://xn--u9j940g6id23k45cjwak67a1x4a.com/%e6%b3%95%e4・・・/

▼毎月、支援をいただいておりますボランティア協賛企業▼
関わる人を豊かな人生にする!
#Peach株式会社
https://extrapeach.jp/

サービス利用先企業様が1社増えます度に、支援先を一ヶ所、増やしていく所存です。
これからも認知と、活動の視える化により信用を得られるよう努めます。
どうぞこれからも、温かく支援活動を見守りくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住まいに携わることは子ども達に残す仕事。
不動産のちからで生き方そのものを伝えたい。

不動産の家庭教師 嶌田 竜也
宅地建物取引士/相続士/住宅ローンアドバイザー/STRコミュニケーションアナリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました