『不動産の家庭教師』を図解

ブログ

物件を見る前に600万円以上の損を防ぎ、夫婦円満が続く秘訣もコンサルティングする、不動産の家庭教師の嶌田(しまだ)です。

今日、サービス説明で使った図解がこれです。
もの凄く理解が早かったので、トップページのサービス説明などにも追加設定しました。

こういう仕事です。
物件紹介も物件案内も、購入申し込みに至るまで行ないます。

ただ、サービスの真価、不動産屋との違いを確実に実感してもらえる領域が枠で囲んだ領域なんです。

結局のところ果たしたいことが何なのかも今回、伝えます。

 

私の『業界を変える』

知識は誰にも奪われない財産。
シェアが簡単で可能なものが知識。

マーケットのパイを取り合うシェア(占有)よりも、マーケットに浸透させるシェア(共有)
これが私の言う『業界を変える』やり方。

エンドユーザーの知識のボトムアップがされれば、通用しなくなった業界のサービスは質を向上せざるを得なくなります。そうした業界全体の底上げがされてほしいんです。

賢いお客様のお眼鏡に適う良い会社にこそ、仲介手数料という成果報酬が支払われ、世の中に残ってほしいと思っているんです。

それが、私のビジョンでもある『正直者が笑顔でいられる当たり前の世界』に繋がっていくと信じています。

 

不動産営業マンの矛盾と私の本音

FP、不動産鑑定士、宅地建物取引士・・・業界にまつわる資格はたくさんあるにはあります。
けれど、どの資格も不動産売買に実質、何も役に立っていないんですよね。
人の心に触れるものは何ひとつ説かれてもいない資格でしかないから。
資格で人を信用してはいけない世界が不動産業界だということは覚えておいて損はないですよ。
損をしなくなりますよ。

不動産営業マンが、営業成績を誇らしげに掲げる人はいます。
いや、誇れる営業成績を掲げることは悪いことではないんです。

ただ、それだけ多くの様々な年齢の家族と接してたくさんの話しを聞いて、様々な年齢のお子さん達とも成約に至れるほど接しておきながら・・・ですよ?
ご家族のサポート、ご夫婦のサポート、家族や夫婦について話せることがないことの矛盾とも言えるような違和感・・・
冷静に考えると、営業成績が高いことと『筋が通っていない』ように私には思えます。

お客様の何を見てきたのか?

お客様から何を学んできたのか?

 

してはいけないことは守る

私は不動産も含めて何も売らない、プランや商材の話しもしません。
話すと捕まっちゃうんですよ(笑)
話すだけでも資格が必要な職業ばかりが暮らしに関わる仕事には多いものなんですよ。

不動産業は、ひとりでは絶対に完結しないもの。
お金のこと、工事のこと、登記など法に関わることなど・・・

お力添えを頂くその道のプロの話しが理解できるよう、お客様の知識の土台作りと橋渡しが私のお仕事です。

『無形サービスへの理解がある人だけを対象にしている』
今回の図解で伝わって、サービスの価値がわかってもらえたら、それが一番うれしいことです。

 

大切なことが分かる人

これまで数々の不動産会社の経営者と情報交換をしてきました。サービス説明をしてきました。
協業を申し出てくれたのは、2020年6月で7年目を迎えますが片手で足りる程度です。

それが何を意味するのか?

不動産は、有知識者VS無知識者(エンドユーザー)の成功報酬ビジネスにおける取り引きです。
私のサービスに必要を感じないことが、どんな問題を引き起こしているのか?

想像できますか?

FP、生命保険業、その他の暮らしにまつわる業種の『個人事業主』の、経営と現場の両方に携わる方が積極的に協力し、ご紹介してくださいます。
住まいの購入経験があったり、離婚歴のある方は大抵が味方になってくださいます。
彼らは損の起き方を知っていて、ビジネスの利益を阻害するものが何もないからです。

これが現状の答えです。

お客様の立場で、きれいごとだけで進めないこともあるのが不動産売買でもあります。

けど、その面倒ごとや手を煩わせることをこちらが処理をし実質的にはお客様から遠ざけ、何事もなくお客様はきれいごとだけで取り引きを終えられること。
これが、私の中で『サポート』と呼べるものだと自負して職務に臨んでいます。

知識と指示出しだけ上手なことが仕事ではありません。
造語的仕事ではありますが、これが『不動産の家庭教師』です

賢い暮らしには、諸費用の準備や住宅ローンの組み方だけではありません。
ご夫婦の価値観に基づいた状況把握と、それに合わせた不動産知識の応用が必要です。

ネットや本で情報を収集してから考えるより、私と話したほうが早く答えは見つかり、損や失敗を防げます。

状況に合わせた不動産知識の応用、不動産業者との円滑なやり取りサポート、なにより家族会議のサポートを得意とするほど『意見の掛け合わせ』ができることが私の強みです。

不動産会社、営業マンに不安がありましたら、私がお役に立てます。
きちんと仕事を果たすための本気のセカンドオピニオンです。
料金以上の価値と効果を求めてお問い合わせください。

メール:lifecoordinator.co@gmail.com

Facebookからの友達申請、メッセンジャーでのやり取りでのお問い合わせも受け付けています。
嶌田竜也 で検索してください。

ご挨拶メッセージのない友達申請は承認していませんので、必ずメッセージ送信後の友達申請をお願いします。

【不動産の家庭教師】
嶌田 竜也

保有資格
相続士(認定永年会員)/宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー
STRコミュニケーションアナリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました